転職のきっかけはたくさん転がっている

社会に出て、がむしゃらに働き続け気がつけば定年退職の時期が来たという方は多いと思います。
決してそれは間違いではなく己の道を全うしたとたくさんの人に認めてもらえると思います。
ただなかには漠然とこれで良いのだろうかと感じている方もたくさんいるのが現実です。
転職を考えるとき、引っ掛かるのは失敗を恐れる自分です。
新しいなにかが見つかる可能性より、安定した自分を選ぶ場合がほとんどです。
しかし転職のきっかけは足元に転がってることがほとんどです。
人間はあらゆる可能性を秘めていて、成功している人のほとんどが可能性を実現している人です。
仕事と言うのは誰かのために行ってるのではなく結局は自分のためです。
転職をするタイミング、その先に見える未来を決めるのもすべて自分のためです。
たくさん転がってるきっかけを見過ごすことはせず、どんどんチャレンジすると良いと思います。
また回りの人間もチャンスを手にしようとしている人がいればどんどん背中を押してあげるべきです。