転職することによって得られる教訓は

人によって、転職をしようと思う理由はさまざまです。
仕事がどうも好きになれない、職場の労働環境が悪い、人間関係が悪い、給料や休みが少ない、通勤に時間がかかるなど、枚挙にいとまがありません。
ただ、いろいろな理由を挙げていく中で、本当の理由はこれだというものが、実は本人の心の中ではわかっていながら、それを口に出したくないときもあります。
そんなときの転職活動というのは、精神的にはかなりきついかもしれません。
新しい仕事先探しを始めるに至ったものの、本当は前の会社を辞めたくなかったという場合がそうです。
いろいろな事情から辞めることになったけれど、本当は辞めたくなかったのであれば、転職活動に挑むテンションは当然低くなります。
そのオーラを面接を受けに行った先の人事担当者は敏感に察知しますので、どこも不採用ということになってしまうでしょう。
どんな理由であろうと、いったん転職活動を始めたらもう後には戻れないと腹をくくることが一番の教訓となり、次の仕事を引き寄せることになります。

Copyright©転職 All Rights Reserved.

転職